ロゴ

感謝の気持ち

最低限のマナーを守って贈ろう

贈られると基本的に喜ぶ

こんな物貰っても喜ばないだろうな、と思っている方もいるでしょう。しかし、贈り物をもらって喜ばない方などはいません。どんな品物でも祝いの気持ちがこもっているので、その気持ちが重要と言えます。

友達の結婚祝いのギフト

婦人

友達に祝いを贈るなら

友達に結婚祝いを贈るなら、最低限のマナーとして縁起が悪いものだけは避けましょう。また面白半分で変な物を贈るのもあまり良くありません。気持ちを込めて喜んでもらえる物を贈るといいでしょう。

現金を贈るなら

結婚祝いに現金を贈ることもありますが、贈る場合にはお返しのマナーの半返しを望んで贈らないようにしましょう。現金は明確にいくら、というのがわかるので受け取る方も気を使ってしまうことがあります。

食べ物を贈るなら

食べ物を結婚祝いに贈るなら、賞味期限に注意しましょう。発送時期によっては贈る間に賞味期限が切れてしまう場合もあるので、それでは贈り物と言えなくなってしまいます。

使う物を贈ろう

ランチョンマットやプリザーブドフラワーのように利用できるものがいいとされています。普段から利用できるものは貰った側としても重宝しますし、喜ばれる傾向があります。

悩んだ場合は

結婚祝いの品物に悩んでしまった場合は、商品券やチケット類、グルメカタログなど自分で決められるものを贈るといいでしょう。受け取る側も現金より気を使わずに済むのでオススメです。